top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

ブルベ仕様のANCHOR RL8

ブルベ仕様のアンカーRL8、メンテナンスです。


先日、「2024 RM427東京1900めざせ最東端納沙布岬」という、東京から北海道、納沙布岬まで距離1,900km、制限時間190時間というとんでもないブルベを走破してきたバイクです。輪行袋から出してほぼそのままの状態でお待ち込み頂きました。


大分、汚れていますね。

という事で、洗車からスタートです


ブルベを走る方なので、さぞかし年間の走行距離もすごい事になっているのかと思いきや、このバイクについては5〜6,000kmとの事。

一回で走る距離は長いのですが、ブルベの為の練習というのをほぼやらず、走るのはほぼブルベだけ、という事だそうで、距離としてはそれ程行かないそうです。これは意外でした。

とはいえ、過酷なコンディションでも走る事も多く、メンテナンスはこまめに行うのが良いですね。


ハブのグリスアップ



プーリーには、糸屑が絡みついていました


原因は、コンチネンタルタイヤの糸のほつれ。糸がほつれて、ハブに絡みついた、という経験をされた方もいらっしゃるのでは?私もあります。


バイクを購入して2年間交換していなかったブレーキフルードも交換します。

抜いてみると、大分色が薄くなっている感じです

キャリパー側から新しいブレーキフルードを注入するとホース内に残留していた古いフルードが出て来ます。

キレイになるまで追い出します。

 

ブレーキローターとパッドの洗浄


ディスクローターは鉄粉除去剤で汚れを落とします。その後、クリーナーで拭きとり。




ライトホルダー等の樹脂パーツも汚れているので

洗浄

Muc-Offシリコンシャインは、樹脂パーツのツヤ出しにも使えます。


今回は消耗品の交換箇所も少なかったので、洗車、パーツ洗浄、各部グリスアップを行うLEVEL2作業+ブレーキフルード交換という作業でした。


作業完了です



ちなみに、ハブダイナモは、ドイツのシュミット製。とても明るく、登り坂で速度が5〜6km/hに落ちても充分に明るく、ハブの回転もかなりスムース。ブルベライダーにもユーザーが多い逸品です。



今回のオーナー様は、SR(シュペールランドヌール)と呼ばれる、200、300、400、600kmのブルベを年間に全て完走すると与えられる称号を、何と11年連続で獲している方。

今年も、400をあと1回完走すれば12年連続SR獲得という、まさにブルベの鉄人のような人。


ブルベの為の特別な練習は特にしていないのに、こんなに走れる秘訣は何ですか?と聞いた所、夜中でも、寝起きでも、カレー、ラーメン、その他何でも食べられる強靭な内臓です!と仰っておりました。

確かに、長時間走り続けるには、沢山食べ続けないと無理ですね。

来週も、再来週もブルベを走るそうです。ブルベを走る事自体が、次のブルベの練習になっていると言えそうです。


しかしブルベを走るライダーって、すごいですね〜!

私など、朝の50kmの朝練でクタクタですから^^;


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、店主体調不良のため、7/12(金)〜7/16(火)まで、臨時休業とさせて頂きます。 現在、お預かりしている修理、来店予約を頂いている方には個別にご連絡差し上げて対応させて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。 ブナサイクル 店主

Comments


bottom of page