top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

自分でやりたかったけど、時間が、、、

更新日:3月24日


本当は自分で組み立てしたくてパーツまで揃えたのに、仕事が忙しくて出来ない、、、


というお客さんからの仕事の依頼でした。

少し前のTREKのシクロクロスバイク、XO-1をフレームでお持ち込み頂き、パーツはお客さんご自身で手配、足りないパーツはこちらで発注しました。


「こういう事もやってもらえますか?」とのお問い合わせでしたが

勿論ですよ!喜んで(笑)


この状態から





ヘッドパーツを洗浄したり

パーツを取り付けて行きます。


今回、チューブレスレディタイヤにシーラントをお持ち込み頂いたのですが、丁度お店でフヂチカのマクハルシーラントを仕入れたところでしたので、お話をしたところ、それでいきましょう!とのことでしたので、マクハルを使用しました。



「治験」「人柱」的になってしまいましたが、新規パーツの導入にご協力いただけて感謝です。マクハルシーラントについては、私も自身で色々試しておりますので、また別の機会にブログでも取り上げようと思います。



スムースに終わるかな、と思った矢先、何やら特定のスプロケットでチェーンがおかしな動きをすることに気づきました。


3rdギアに入れると、定期的にチェーンが跳ね上がる。う~む。


まずはチェーンを疑ってみる。持ち込んでもらったチェーンに歪みがあることが発覚


チェーンを交換。しかし状況は変わらず。エンドの精度も確認。ほぼ問題なし。

何だろう、と、よ~く観察してみると

スマホではうまく撮れていませんが、肉眼でみると、1枚だけほんの少し内側に曲がっていて、そこで跳ね上がり現象が起きていました。こういうカッティングなのかとも思いましたが、どうやらこれが原因のようです。


色々手を尽くし、跳ね上りが起きないように修正。


ようやく完成











お渡しの時、「イメージ通り」と喜んでいらっしゃったので、そのお手伝いが出来て良かったです。

元々ご自身で組み立てようと思っていたそうですが、仕事が忙しくて手が付けられなかった、という無念晴らしました!


同じような境遇の方、いらっしゃったらぜひともご用命ください m(_ _)m














閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page