top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

2024 ORBEA、始動



2024オルベアの展示会に行って来ました。



うちのお店は修理がメインなので、新車販売に見合うお店の広さと規模ではないのですが、お客さんのニーズがあれば是非ともやりたいな〜、と思い、代理店のサイクルクリエーションさんにお願いして見させてもらいました。





以前紹介したDEANIMAだったり、ZULLOといったイタリアのハンドメイドブランドに続き、新たにオルベアが取り扱いメーカーに加わります。


何故オルベアか?かと言いますと、バイク自体に魅力があるのはもちろんですが、

MYO(マイオー)という、トレックのプロジェクト1のようなオーダーシステムが確立している点。WEBサイト内でバイクオーダーのシミュレーションが可能なのです。

カラーやパーツ選択の豊富さに驚くと思いますよ!




このMYOを使う事で、現車がなくてもある程度のイメージを作り注文する事が可能です。

うちのような小規模なお店でも、世界規模のスポーツバイクメーカーのバイクの注文が、このシステムを使えばオーダーが可能!


これは、ありがたい。


オルベアは、国外にあった生産拠点をスペイン、ポルトガルの自社工場に戻した事で、こうした手厚いオーダーシステムが可能になったそうです。

価格も、他の大手メーカーに比べて値ごろ感があります。

元々ヨーロッパでは(というか世界的にも)歴史も実績もあるメーカーなので、この先更に注目を浴びるのは間違いないでしょう。


2024年の注目は、第7世代となった新型オルカ。無駄がなくキレイなデザイン。


シクロワイアードさんが、オルカの特集記事を組んでくれています。


ですので、私は展示会で撮影した画像をぺたぺたと貼っていくのみで(-_-;)



フレームに内装されるケーブル類。見た目すっきり



細いシートステイ。エアロよりも軽量化に振った設計により、TOPチューブもご覧の通り

横から見るとかなり薄くデザインされています



ORCA AERO。エアロフレームももちろんあります。これはMYOでデザインされたモデル。たくさんのカラーバリエーションがあるのでご興味があればぜひ試してみてください。



OQUOというオリジナルホイールもリリースされます。ZIPPのハブが使われているとのこと。リムはオリジナル。




オルベアといえば、エウスカルテル・エウスカディというオレンジ色のジャージのチームがあったのを覚えている方も多いと思います。

オルベアの本拠地、バスク地方出身の選手を集めたチームで、かつてはツール・ド・フランスでも活躍した選手が沢山いました。


チームは2013年で一度解散してしまうのですが、2020年から再びチームが復活しています。

今年7月、チーム右京のスペイン遠征のビアフランカというレースで、岡篤志選手が一緒に逃げたのがエウスカルテルの選手でした。以前は現在のワールドチームに相当するランクのチームでしたが、現在は1個下のプロチームとして復活しているんですね。

以前、こちらのブログでも取り上げました。


北京オリンピック金メダリストのサムエル・サンチェスが有名ですが、私はロベルト・ライセカ選手が印象に残っていますね~。

小柄で細身で山岳にめっぽう強い選手でした。極限まで絞られた体に、がいこつみたいな容貌がとてもインパクトがありました。


なぜか、検索をかけても画像が出てこない。何故だろう???


歴史もあるスぺインのメーカー、オルベアにご興味のある方は、ぜひサイトをのぞいてみてください。


お店に簡易カタログもありますので、気になる方はご相談お待ちしております(^^)





閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

お知らせ

Comments


bottom of page