top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

BMC、始動します

更新日:4月1日

修理がメインの当店なのですが、スイスのブランド、BMCの取り扱いが出来るようになりました。

私はかれこれもう四半世紀ほどスポーツバイクに関わる仕事をしてきて、ヨーロッパ、アメリカのブランドを結構取り扱ってきましたが、実はBMCを取り扱うのは今回が初めてです。

ツール・ド・フランスを始めとするヨーロッパのロードレースシーンでは、必ずと言ってい良いほど目にするブランドであり、華々しい戦績があるブランド。とても楽しみです。


ロードバイクのイメージが強いですがMTBや、流行りのグラベルバイクも勿論あります。

スイスという国土が、そうしたバイクの開発にも適しているのでしょう。

そんなスポーツバイクのジャンルにおけるプレミアム・ブランドといえるBMC。

ご相談をお待ちしておりますm(_ _)m


先日、ご注文を頂きました旗艦モデル、TEAMMACHINE SLR01


ガラスコーティングのご依頼も頂きましたので、クレスト4℃さん特製のポリッシャー、煌機(きらめき)でフレームの下地作り。ロゴと一部がマット塗装なのでそこをマスキングして磨きます




ホイールもガラスコーティング



フォークコラムは特殊な形状をしています。この形はブレーキホースが通しやすく、メンテナンスするうえでは有難いです。


シートポスト。白い樹脂が補強として入っています。こういう見えないところの処理がしっかりしているのは、とても興味深いです。


TEAMMACHNEシリーズは、オールラウンドに使用できる高性能モデル。

代理店のフタバさんでは、 JPという日本限定アッセンブルシリーズを設定してくれています。

これは、本国仕様とは別に日本オリジナル仕様の完成車で、フレームのカラーを選んでいただき、そこにパーツセットを組み合わせる、というセミオーダーシステムです。

以下のモデルにはその設定があり、パーツの縛りはありますが、日本国内で組み立てされるので、本国仕様よりも購入しやすい価格設定を実現しています。


TEAMMACHINE SLR01

TIMEMACHINE R

TEAMMACHINE SLR


にはJP仕様があります。カタログ、サイト上にJPの表記があるものが対象です。

詳細はこちらをご覧ください。


普段から在庫を置いてご覧いただくという事が出来なく、カタログやサイト、あとは直接お客さんとお話ししながら決めていただくというスタイルになりますが、ご興味の湧いた方は、ぜひご来店ください。


代理店のフタバさん、沢山カタログ置いていきました(笑)





閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

お知らせ

Comentarios


bottom of page