top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

K9X(ケー・ナイン・クロス)


DAHON、今シーズン話題のバイク

K9X(ケーナインクロス)のデリバリーが始まりました。


ダホンは、言わずと知れた世界最大のフォールディングバイクメーカーです。

ダホンの主流は20インチホイールのフォールディングバイク群なのですが、このK9Xは16インチと少し車輪を小さくして小型軽量化。10kgを切る軽さがウリです。


近年、ダホンの人気車種は14インチのK3なのだそうです。

14インチと非常にコンパクトなホイールながら3段変速仕様で、街中の移動に十分な性能があり、7kgという軽さもその理由です。


私は以前、HELIOS XXというバイクを所有していて、結構輪行ツーリングやカスタムを楽しんでいました。普段ロードバイクを中心に乗っているのですが、箸休め的な感じで違うバイクに乗りたい時があります。

そんな時、このHELIOSはぴったりの相棒でした。

もはや私の手元にはありませんが、またフォールディングバイクが欲しいなあ、とずっと考えていて、お店を立ち上げたとき、ダホンをやりたいと思っていました。

うちのお客さんの層としては、趣味としてロードやクロスバイクを乗る方が多いので、きっとそういうユーザーの皆様なら、私と同じように箸休め的なバイクが欲しい、心の琴線に触れるのではないか、との思いもありました。


まあ、一番は、自分が欲しかったから、なんですが(笑)


DASH ALTENAを購入して活用しているのは、ブログやインスタで報告している通りです。


しかし実は、ダホン復帰にむけて最初に検討していたのは、K3でした。

K3,いい感じです。でも欲を言うと、もう少しギアの枚数が欲しいなあと思っていて、カスタムしようかとも思っていたのですが、そんな折、このK9Xの発表がありました。


16インチになるので、安定感を出すためにタイヤは太めになっています。


そして、ディスクブレーキ。機械式ですが十分。

かなり効きます!従来のリムブレーキより格段に制動力がUP。これは、良い。


トップチューブとBBをつなぐケーブル。フレームにトライアングルを形成し、ヒンジ部分を中心にフレームへの負荷を軽減させて強度と耐久性を高める効果があるそうです。


ハンドル、ステムも以前のものに比べて格段に進歩していました。剛性も十分。まあ、比較対象が20年以上前のモデルなので^^;


ケーブルはJAG WIRE。ジャグワイヤー、侮れません。ブレーキの引きの軽さ、スムースさには驚かされました。


そして、9段変速。やはり、ギアはたくさんあるに越した事はないです。カスタムも楽しめそうですね。


20インチのモデルに比べると、若干ハンドルがクイックな感じはしますが、すぐに慣れることが出来ます。太いタイヤなので安心感も高く、路面の段差や、グレーチングも不安なく越えられます。

そして、意外や意外、スピードも結構出ます。元々、そういう車種ではありませんが、その気になれば小径を生かしての加速も良く、スピードに乗ると気持ちよくコロコロと転がっていきます。


普段、通勤に使用しているDASH ALTENAの方が平均速度は速い感じですが、大きく劣る感じがしません。これは、楽しい!


9段変速というメリットを生かして、輪行ツーリングバイクとしても、大いに活用できそうですし、そうやって使っていきたいと考えています。






専用輪行袋込みでこの重量


こんな感じです。

小柄な形でも無理なく運べます。

150cm台の方でも袋を担いで移動できますよ。


かわいいけど、かっこよくもありますね。このグリーンのカラーは、ミリタリー感も出ていてかっこいい。



実は、このK9X、我が家にすでにお迎えしています。私より一足先に、うちの嫁さんがもうあちこち散歩や輪行ツーリングに出かけています。



こんな写真を見ると、どこか遠くに行ってみたくなると思いませんか?


休みの日の散歩にも、ピッタリです。


今後、こちらのブログにK9の散歩レポートも掲載して行きますのでお楽しみに。


ロード乗りの方のセカンドバイクとしてもおすすめですし、奥さんとか彼女さん、ご友人とか、まだ自転車に乗られていない方へ一緒に楽しむ趣味の一台として、おすすめです。

ロードほど敷居が高くなく、でもスポーツバイクとして楽しめるし、旅のアイテムとしても活躍出来るし、守備範囲は広いと思います。

K9Xが、自分も、周りの人も巻き込んで自転車を更に楽しむ一台となると良いな〜、と思います。


完成車価格¥135,000(税込)

カラースティールグレーブラック、オリーブブラック


今からのご注文ですと、納期は4月中、という感じです。

ご興味のある方は、是非店頭にてお問い合わせ下さい!







閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page