top of page
  • 執筆者の写真Bicicletta Buna

OLD PEUGEOT、復活!


とても古いプジョーのプロムナード車の修理のご依頼が来ました。

見たところ、年代は1970年代後半から80年代前半と言った辺りでしょうか。

譲り受けて暫く乗って、また暫く乗らずに保管。


最初持ち込まれた時はこんな感じでした。







なかなかの痛み方。

フレームやパーツも錆が出ているし、ちゃんと直すとしたらもはやレストアの領域に入ります。

ただ、今回は走行出来るように、というリクエストでしたので、安全を確保するための修理、という事で作業をお受けしました。

お客さんと色々打ち合わせをして、作業開始です。


まずは、洗車


ハブグリスアップ


BBグリスアップ


洗車、ホイール、BBのグリスアップまでは順調に行きましたが、ヘッドパーツをグリスアップしようという所で問題発生。

ステムのウスとボルト、ステアリングコラムが固着していて、緩めようとしたらステムボルトの頭が飛びました。



いやー、心臓に悪いです💦


昔の台形のウスですね。

万力に固定して、ラスペネを浸透させて、どうにかウスは取れました。


ステムを交換しようかと思いましたが、このステム、ハンドルクランプのサイズが25.4mmとか26mmよりも太い、少し特殊なサイズ。現行のステムだと使えそうなものがない。

なので、ステムはなるべく生かしたい。

ウスは外れたので、現行のステムからボルトだけ拝借しようと試みましたが、ネジのピッチが合わず、せっかく外した古いウスが使えない。


さてどうしよう、と考え、ワンオフ使ってしまおう、と思い、ボルト製作の見積もりを取ってみました。

寸法を測り問い合わせしてみると、やはり現行規格にはない特殊サイズ。オーダーすると、一本あたり約2万円!との見積もり。

これは、新しくハンドルとステムを新調しても値段は変わらないか、むしろ抑えられそう。

という事でお客さんと再度打ち合わせして、オリジナルのステムの使用は諦め、現行のものに。

ハンドルもドロップハンドルにというご希望があり、日東製に変更。

新しいものですし、安全上もこちらが安心!


作業再開!


今度は、ヘッドパーツが外れない💦

ロックナットも30mmと、あまりお目にかからないサイズ。ロックナットは外れましたが、その下の玉押し部が、また固着して回らない。

仕方なく、ホームセンターでウォーターポンププライヤーを調達して、ピンチを切り抜ける


旧車の整備は、ハラハラの連続💦


これで、あとはハンドルステムを付けてワイヤーを張ればOK、と思ったら、今度はフロントディレーラーの締め付けがしっくり来ない。


何と、サンプレックスの樹脂製の本体が経年劣化で割れてました。

こんな時は、プラリペアで補修を試みる


一度、締め付け時に割れたものの、諦めずにもう一度トライしてみると、強度も上がり破損する事なく締め付け成功。無事ピンチを回避。


もう、ここまで来れば今度こそケーブル、チェーン、バーテープを新調すれば完成まで持っていけます

ハンドルをドロップにしてランドナー、スポルティーフっぽく、当時の雰囲気が出るように、ケーブルも敢えて外出しにしてみました。

ダイヤコンペのブレーキレバー、ケーブルは日泉です。



タイヤは、パナレーサーのコルデラヴィというランドナータイヤ。アメサイドをチョイスしたら、良い雰囲気になりました!


かくして、無事作業終了!







レストアではないので交換しなくて良いパーツはそのままですし、フレームも古い塗装のままですが、交換必須のパーツは変えて各部グリスアップも行い、当時の雰囲気を残したままひとまずちゃんと走れる状態に、というご要望にお応え出来たと思います。

受け取りに来ていた時、イメージ通りです、と喜んでくれた姿を見たら、数々のピンチを乗り越えて来た苦労も、吹っ飛びます。

この仕事をしていてやり甲斐を感じる瞬間ですね。

40年前のバイクが無事復活しました。



修理のご依頼、お待ちしております

m(_ _)m


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、店主体調不良のため、7/12(金)〜7/16(火)まで、臨時休業とさせて頂きます。 現在、お預かりしている修理、来店予約を頂いている方には個別にご連絡差し上げて対応させて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。 ブナサイクル 店主

Comments


bottom of page